入間ガス株式会社

home > 入間ガスについて > 都市ガスがご家庭に届くまで

都市ガスがご家庭に届くまで

入間ガスが供給しているのは、新潟県内のガス田で掘削・生産された「天然ガス」です。およそ370km の距離を、パイプラインを通って狭山台工業団地内の球形ガスホルダー(ガスタンク)へ。また海外で産出された「液化天然ガス(LNG)」も、静岡県の清水港で荷揚げされた後、気化してガス化され、パイプラインで運ばれます。入間ガスでは、ブレンドされた天然ガスに付臭剤を加え、都市ガス(13A)としてご家庭や事業所などにお届けしています。

天然ガスを採掘する

新潟県では古くからガス田開発が行われており、天然ガスの生産量は全国1位。中でも南長岡ガス田は国内最大級の埋蔵量を誇る大型ガス田です。地下約4,000~5,000mの深さから採取された天然ガスは、プラントでの処理後、パイプラインで運ばれます。

天然ガスを送る

パイプラインは、できるだけ自然災害の影響の少ないルートを選び、地下1.8m以上の深さに埋設されています。パイプラインを流れる天然ガスは、監視センターが集中管理。衛星通信も使った24時間365日の監視体制が整っており、万一の場合は確実にガスを遮断します。ルートのパトロール、人的サポートなど、パイプラインの保守・維持管理には二重三重に安全対策を施し、万全を期しています。

タンカーで運ぶ

天然ガスは気体で採掘され、-162℃に冷却して液体に。これが「液化天然ガス(LNG)」。気体の約600分の1の体積になるため大量輸送が可能です。主にマレーシアやオーストラリアで採掘され液化されたLNG はタンカーで運ばれ、数週間の航海を経て清水港に到着します。

天然ガスを届ける

パイプラインで送られガスホルダーに保存された天然ガスは、圧力調節設備「ガバナ」を通すことで、工場などには中圧ガス、一般家庭などには低圧ガスとして供給されます。入間ガス供給エリアには約100 のガバナが設置されています。

  • スマイルキッチン
  • 電気料金シミュレーション
  • いるまるくん倶楽部
  • いるまるくんマルシェ
  • エナジーいるま
ページトップに戻る