安定供給と安全確保のために、製造用・供給用ともに、最新の設備を導入し、24時間体制での稼働を実施。事故の未然防止のために、何重にもチェック機構を設けるとともに、定期的な検査を行っています。