入間ガス株式会社、入間ガスグループ入間ガスサービス株式会社ならびに狭山台供給所は、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001:2004の認証を平成17年8月17日に取得し、審査・登録をすることにより国際規格への適合を確認してきましたが、平成26年度より、この認証を取りやめ、これまでのノウハウの蓄積による運用システムが定着したことにより、当社独自のシステムに切り替えることとなりました。
  当社は、今後も自らの責任をより一層認識し、これまで以上に環境への取り組みを推進していきます。
 

環境基本理念

 入間ガス株式会社は、天然ガス供給という事業の公共性を認識し、その義務と責任を進んで果たし、安全で安定したエネルギーの供給を行ないます。
  また、当社にとって環境保全への貢献は責務だと考えます。よって、環境に配慮した事業活動を通じ、汚染の予防に努め、環境と調和のとれた地域社会の発展に貢献していきます。

環境方針

  1. 地球環境に優しい天然ガスの普及や低環境負荷型ガス機器の普及を図ることにより、環境負荷の低減に貢献します。

  2. 業務の効率化を推進することにより、エネルギー・資源の消費および廃棄物の発生を抑制し、環境負荷の低減に努めます。

  3. 環境目的・目標を設定し、定期的に見直しを行ない、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

  4. 環境関連法規および、公的機関・日本ガス協会等の関連組織と合意した事項を遵守します。

  5. この環境方針は、全従業員に周知し、社外にも公開します。



2010年4月1日
代表取締役社長 深井 善次