一般ガス事業者の経営効率化努力の実施状況<各都市ガス会社リンク>



  事業者名:入間ガス株式会社

効率化努力目標の内容

達成状況

1.重要項目(概要)
(1)天然ガスの普及拡大に努めます。
(2)地域密着サービスの向上に努めます。
(3)安定供給・保安の確保に努めます。


目標の発表時期 平成17年 7月 
        平成23年11月 
        (3.(2)(3)内容変更)
          平成27年11月 
         (3.(3)内容変更)

達成状況の発表 平成28年12月


2.事業の実施
(1)設備投資
社員のスキルアップを図り新技術・新工法を積極的に取り入れ設備投資額を極力圧縮します。


浅層埋設等新技術・新工法を取り入れ工事費の圧縮を図っております。

(2)人員体制
合理化・省力化・組織の簡略化を進め、社員増加を抑制し、社員1人当たりの顧客件数・販売量・販売額を拡大します。


社員1人当たりガス販売量を17年の397千3 から28年に616千 3 と約1.6倍に向上しました。
 

(3)ガス販売量の拡大
工業用等における重油等からの燃転に努めると共に新規需要の獲得に努め、販売量を増加させることにおいて負荷の平準化を図ります。


28年の大口供給件数は26件とな り、年間負荷率が84%となりました。
 

3.サービス・保安の確保
(1) 料金メニュー
顧客ニーズに対応・競合エネルギーとの対応において選択約款メニュー等の拡充を図ります。


料金メニューの拡充により、選択約款の延べ調定件数が17年の900件から28年に9,224件となりました。
 

(2) 環境への対応
・天然ガスの拡販に努め、よりCOの発生を抑制します。
・環境に配慮した事業活動の推進に努めます。


再生可能エネルギーの太陽光発電を設置し、環境負荷の少ないエネルギーを提供しております。
 

(3)サービスの向上
・顧客クラブ活動・広報紙等を通じ、顧客とのコミュニケーション及び接点活動の充実に努めます。


料理教室の継続開催。定期イベントを2ヶ月に1回程度開催し、コミュニケーションの拡充を図っています。 広報誌が130号となりました。

(4)保安の確保
・ハード・ソフト両面の地震対策を推進します。
・経年ガス管対策を推進します。


地震対策としてマッピングシステムを活用し導管図の整備を行っています。経年管対策として全体の97%を対策。