入間ガス株式会社

home > 安全・よくある質問 > 安全対策いろいろ

安全対策いろいろ

安全対策いろいろ

ガス機器は正しく使いましょう。
誤った使い方をすると大変危険です!

ガスコンロ

揚げ物をしている時やグリルを使用時は、その場から離れないことが大切です。来客や電話などでその場から離れる時には、必ず火を止めてください。揚げ物は温度センサーがついている側で行ってください。

小型湯沸かし器

小型湯沸かし器で浴槽、洗濯機への給湯、シャワー、洗髪等の長時間連続使用は不完全燃焼を起こし、一酸化中毒(CO)の原因となり、大変危険です。絶対におやめください。

ガス暖房機器

ガスストーブやガスファンヒーターの付近には、スプレー缶や衣類など燃えやすいものは置かないでください。小さなお子様がいるご家庭ではやけどに注意しましょう。

ガス機器使用時は必ず換気をしましょう!

ガスの燃焼には、新鮮な空気が必要です。換気が不十分な状態でガス機器を使用すると、酸素が不足して不完全燃焼となり、有害な一酸化中毒(CO)が発生します。排気を含んだ室内の空気を外気と入れ替えて、燃焼に必要な酸素を取り入れることが大切です。

キッチンでは・・・

  • コンロや小型湯沸かし器をご使用の際は、必ず換気扇を回すか窓を開けましょう。
  • 小型湯沸かし器の上に布巾等をかけないでください。
  • 使用中燃焼が停止した場合は、再度点火せずに、入間ガスまでお電話ください。

お部屋では・・・

  • ガスファンヒーターをご使用の際は、1時間に1~2回を目安に窓を開け、新鮮な空気を入れ替えましょう。

ガス機器は正しい接続で安全にご使用ください

ガス栓とガス機器をガスソフトコードやガスコードで接続する際は、必ず機器側をはじめに接続してください。

入間ガスは、お客様により安全にご利用いただけるよう自主保安に 積極的に取り組んでいます!

  • 開栓・定期保安検査時に、法令で定められている点検の他に、下記の事項について行っております。
    • 全てのガス機器の調査
    • 小型湯沸かし器の一酸化炭素濃度の測定
    • ストーブ、オーブン、排気筒がある給湯器の一酸化炭素の測定
    • ガス漏れ警報器、火災警報器が設置されている場合は。作動確認。
    • 業務用において対象器具があるお客様への一酸化炭素警報機の設置
  • 道路で、ガス以外(電気、水道、電話等)の工事があった場合は、随時立ち合いを行い、ガス管に損傷等異常がないか確認しております。
  • 保安従事者への教育
    年に3,4回保安勉強会を行い、社員全体の保安意識の向上を図っております。また、協力会社を含め、自主災害訓練を行っております。
  • ガスの保安確保の為、社員で国家資格を所持しております。
    ガス主任技術者
    甲種  7名
    乙種  5名
    丙種  17名
    (平成30年4月現在)
  • スマイルキッチン
  • 電気料金シミュレーション
  • いるまるくん倶楽部
  • いるまるくんマルシェ
  • エナジーいるま
ページトップに戻る